dfshop:認知症の人と家族のためのオンラインストア

2017/12/13 16:10

私の父はアルツハイマー型認知症を患っています。

我が家では現在、1週間分のお薬カレンダーと月めくりの壁掛けカレンダーを並べて使っています。

 

しかし、1週間分のお薬カレンダーは曜日が縦方向に並んでいて、月めくりのカレンダーと向きが違う為、父にとってはわかりにくいようでした。




私は以前から、月めくりのカレンダーとお薬カレンダーが一緒になっていればわかりやすくなるのでは?と思っていました。

そんな中見つけたのがこちらの「ビニールポケットカレンダー」です。



こちらのカレンダーには前面に透明のポケットシートがついているので、その日の薬を入れておくことが出来ます。

それ以外にも予定を書いたカードを入れたり、過ぎた日を紙で隠して「今日」をわかりやすくすることも出来ます。




父は普段、新聞や時計で日付を確認したあと、その日に飲む薬を取ったり、カレンダーで予定があるのかを確認していますが、このビニールポケットカレンダーがあれば、日付と予定の確認がしやすく、薬を飲んだか本人にとっても家族にとってもわかりやすくなります。




父は高齢のため今は仕事をせず、普段も家にいることが多いのですが、家族で出かける予定などがカレンダーにあると、その日に向けて日常を過ごすことが出来そうです。


【商品ページはこちら】

https://dfshop.thebase.in/items/9242034




【自己紹介】


名前:Shoko Shimizu

DFCパートナーズのスタッフ。

父が認知症となり、始めは塞ぎ込むことも多かったですが、一番辛く大変なのは私ではなく父親なのだと思い、父と一緒に病気に立ち向かおうと決めました。認知症当事者の方や家族、支援者の方々が少しでも暮らしやすくなるような商品のご紹介をしていきたいと思います!